解法の丸暗記が大事

勉強をする上では、基礎からコツコツと積み上げてゆくことが大切だと、まことしやかな顔をして言っている人が多く見受けられます。確かに、その道のスペシャリストになるべく、学問を探求するのであれば、そのように地道な方法を選択するのが得策と言えます。しかしながら、受験という当面の目標がある生徒にとって、そうした悠長な対策を講じていたのでは、熾烈な競争に勝ち個残ることは難しいというのが実情です。現在の厳しい受験戦争の中で、勝者となるには、基礎から応用へという定説をくつがえし、一気に応用から手をつけることをおすすめします。その際に、気をつけなくてはいけないのは、自分で解こうとしないことです。いきなり難しい応用問題にチャレンジする訳ですから、自分で考えても解けないのは当たり前です。したがって、問題を読んだら、あれこれ考えずにすぐ解答・解説を見て、解法のテクニックを憶え込むようにすることが大切になるのです。

そのように、解法のテクニックを丸暗記するには、東大講師や個別指導塾の利用をおすすめします。それなりに高い受験のノウハウを知る東大講師、個性を活かしやすい個別指導塾を利用することで、受験準備を有利に進められます。