国語の試験対策

一つひとつの試験科目の特性を知って、それぞれに見合った対策を講じることは、受験準備を進める上で大切な条件となります。

試験科目の内、国語では長文読解や文法、漢字などの問題が出題されます。それらの中で、長文の読解力を身につけるためには、それなりに長い時間がかかることを覚悟しておかなければなりません。こちらは常日頃から本を読むなどして、長文に触れる機会を増やすことによって、対策を講じることが可能となります。また、記述式や選択式といった出題形式の違いによっても、講じるべき対策は異なってきます。その内、記述式では、的外れな内容をだらだらと記載しても、まず得点になることはありません。そのように、記述式問題では、無駄な作業に貴重な時間やエネルギーを費やすのはやめて、分からないものは分からないと割り切ることが大切です。その一方で、選択式問題では、たとえ自信が無くても、適当に答えておけば正解になることもあり得ますので、空欄にすることの無いよう、気をつけることが大事になります。

そのように、国語の試験対策を講じるには、個別指導塾の利用がおすすめです。マンツーマン指導では、個々の生徒の特性に合った対策が講じやすいという利点があります。