試験前後のサポート

本番の入学試験では、受験生にとってそれまでの苦労が報われるかどうかが問われることとなります。また、入試本番までにも、通い先の学校で実施される定期試験や、本番の試験に似通った方法で行なわれる模擬試験など、さまざまなテストを受ける機会があります。それらの試験を、どのように受けるのかによって、受験勉強の効率や志望校の決定に影響がもたらされてくることになります。例えば、テストが実施される前に、集中的に勉強することで、受験勉強がマンネリ化するのを防ぎ、学習効率を高めることができます。また、それまでの学習で得た成果をチェックしたり、自分の実力を知って、志望校決定のための参考資料としたりすることができるというメリットがあります。

そのように、テスト前の対策や、後のフォローを万全にするためには、東大生講師のいる個別指導塾を利用するのが良いでしょう。難易度の高い入試にパスした実績を持つ講師であれば、試験前後のサポートもそれなりに充実しています。また、マンツーマン指導という環境の中では、一人ひとりの受験生によって異なる試験日程などへの対応がしやすいというアドバンテージを得ることができますので、参考にしてみて下さい。