家庭教師とどう違う?

一人ひとりの受験生によって、その学力や学習進度、得意・不得意分野、性格、到達目標、将来ビジョンなどは違っています。そういった状況の中では、個々の生徒の適性やニーズ、希望条件に応じて、指導のスタイルを変更することが大切な条件となります。そのように、生徒の個性を活かした指導を行なうためには、集団指導よりも、個別指導の方が適しています。そして、マンツーマン指導と聞くと、家庭教師を思い浮かべる人が多く見受けられます。確かに、家庭教師の場合、他の生徒に気を遣うことなく、担当する生徒に特化した指導を受けることが可能となります。また、自宅で学習指導がなされるため、リラックスして勉強に臨むことができ、屋外へ出向くエネルギーや時間、コストがかからないというメリットもあります。

ただし、自宅では気が緩み、集中して勉強しづらいというケースも存在します。そのような問題を解決するためには、個別指導塾の利用がおすすめです。個別指導塾では、家庭教師と同じようにマンツーマン指導というスタイルが採用されています。また、集団指導塾と同様、屋外にある特定の場所で指導が行なわれるため、プライベートな時間と気持ちの区切りをつけやすいという利点があります。