親などとの連携

子どもにとって、受験は他の誰に成り代わってもらうこともできない、自分自身の問題であることは間違いありません。ただ、親などの保護者が、受験生本人のことを心配したり、さまざまな面でサポートしたりしてくれていることを忘れてはいけません。例えば、授業料や入学金、お稽古ごとにかかる費用、教材の購入費用、受験料などといった教育費を負担したり、クルマで塾への送り迎えをしたりするなど、勉学面で保護者の果たす役割は大きいと言えます。また、被服費や食費、住居費などの経費を支払ったり、起床を手伝ったり、弁当や夜食を作ったりするなど、生活面で、受験生が保護者から受けるサポートも数多く存在します。

そのように、受験準備を進める上で、大きな役割を果たしている保護者と、情報交換やコミュニケーションを密にすることのできる教育機関を利用することは大切な条件となります。そうした条件を満たす教育機関に、個別指導塾があります。個別指導塾では、その名の通り、一人の講師が一人の生徒を担当するため、生徒一人ひとりの適性やニーズ、希望条件に応じた指導を行ないやすいという利点が存在します。そのようなメリットは、生徒だけではなく、保護者も享受できます。