友人を大切にした学習

受験を控えた子どもにとって、本番の入学試験を受けるのは自分自身ただ一人であり、他の誰かが成り代わって受験したり、試験中に傍にいて、サポートしたりしてくれる訳ではありません。そういった意味合いからすると、受験戦争は孤独な戦いと言わざるを得ません。

とは言いながらも、周りは全て敵とばかりに、神経を張り詰め、警戒心を研ぎ澄ますといった度を過ぎた対応をすると、かかってくる精神的ストレスや身体的疲労の度合いが高くなり、かえって悪い結果を招くリスクが高まりますので、注意する必要があります。そうした失敗をするリスクを軽減し、受験準備を有利に進めるためには、学校教師や塾講師、家庭教師、通信添削スタッフ、保護者、友人などのサポートや協力を得ることが大切になります。その中で、友人は、成績や点数を競い、お互いに高め合うことのできる良きライバルであり、同じ目標を目指して頑張り、判らないところを教え合うことの可能な仲間でもあります。そのように、友人を大切にして受験勉強をしたいという場合には、家庭教師よりも個別指導塾を利用することをおすすめします。個別指導塾では、家庭教師と違って、周りにライバルや仲間がいるという利点があります。