指導対象生徒の数

「適材適所」などといった言い回しがありますが、塾にも個人的な適性の違いというものが存在します。例えば、指導対象となる生徒の数という観点から見れば、塾は集団指導塾と個別指導塾の二種類に大別することができます。

それらの中で、集団指導塾では、一緒に勉強して競い合ったり、助け合ったりすることのできる生徒が周りにいるので、張り合いを持って学習に取り組むことができるというメリットがあります。ただ、その一方で個々の生徒には学習のレベルや進度、到達目標、志望する学校などに違いがあるものの、それらを活かした指導が行ないづらいという問題点も存在します。そのような問題を解決するには、個別指導塾を利用するのが良い方法です。マンツーマン指導では、ライバルや仲間がいないという問題はあるものの、自分だけの学習プランを立て、マイペースに勉強を進めることが可能になるというアドバンテージがあります。また、周りに生徒がいると、はばかられるような話を、気軽に切り出すことができるのも個別指導の利点と言えます。例えば、クラブ活動や友人・異性との付き合い、家庭内の問題などが気になって、勉強に身が入らないという問題を解決するのに適しています。