個別指導塾の東大講師

2016年度の実践女子中学の合格体験記等にも書かれていますが、目前になってから受験勉強に精を出している生徒も少なからず存在します。受験生にとって、どのような方法で学習を進めるのかは大切な問題となります。

そういった場面では、塾や家庭教師、通信添削などといった教育機関を利用するケースが多く見受けられます。それらの中で、塾には、大きく分けて集団指導塾と、個別指導塾があります。その内、集団指導という環境の中では、生徒同士の競争や助け合いによって、指導効果が高まるというアドバンテージが存在します。ただし、その一方で一人ひとりの生徒の個性を重んじた指導はしづらくなりますので、注意する必要があります。そういった問題を解決するには、個別指導塾を利用すると良いでしょう。マンツーマン指導の場合には、他の生徒に気を遣ったり、複数の生徒が足並みをそろえたりする必要が無く、生徒一人ひとりのオリジナリティを活かした指導を実践するのに適しています。特に、周りに生徒がいると気が散ったり、マイペースで勉強したいという思いが強かったりする人にとって、個別指導塾は利用価値の高い機関と言えます。

また、塾を選ぶに際しては、講師のクオリティをチェックすることが大切になってきます。その際には、講師の在籍する学校や卒業校を確認することをおすすめします。例えば、東京大学の在学生や卒業生は、それなりに高いノウハウを有しています。

このサイトでは、東大生のいる個別指導塾に関する情報を、数多くご紹介します。